So-net無料ブログ作成

自衛隊で準天頂衛星システムを活用。 [航空・宇宙]

1月16日 共同通信ニュース 


防衛省が日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う、準天頂衛星「みちびき」を、自衛隊の運用に本格的に活用する方針を固めたことが、16日、同省への取材で分かった。


通常利用している米国のGPSが他国の攻撃を受けて使えなくなった場合などに備える。


防衛省によると、すでに海上自衛隊の敷設艦と潜水艦救難艦の2隻へ、みちびきの受信機を先行配備し、運用している。


2021年度には、「いずも」等ヘリコプター搭載型護衛艦4隻にも受信機を配備し、運用を本格化させる。

陸上自衛隊や航空自衛隊の装備への活用も検討する。
nice!(13)  コメント(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。