So-net無料ブログ作成

馬毛島、政府が買収へ。 [自衛隊・防衛]

政府はアメリカ軍の空母艦載機による離着陸訓練の移転候補地となっている馬毛島について160億円で買収する方針を固めた。


西之表市の無人島・馬毛島を防衛省は土地の価格をおよそ100億円と鑑定し、島のほとんどを所有する東京のタストン・エアポート社と買収交渉を進めてきましたが、政府関係者によると、訓練施設の早期移転のため、60億円を上積みし、160億円で買収する方針を固めたことがわかりました。

近く政府とタストン・エアポート社との間で仮契約が結ばれる見通しです。


馬毛島で訓練施設が整備されれば、現在、小笠原諸島の硫黄島でアメリカ軍が行っている離着陸訓練が移ることになります。


2019年1月9日 MBCニュースより抜粋。


nice!(8)  コメント(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。