So-net無料ブログ作成

海自は輸送艦を増やした方がいい [自衛隊・防衛]

海上自衛隊で一番不足していて、一番高い優先度で増勢が必要と考えるのが、輸送艦と言われる艦船だと思う。

現状で実質3隻のおおすみ型輸送艦があるだけ。

輸送艦の不足は明らか。これは「離島防衛」とか「上陸作戦」とかいう以前の問題で,平時の「国内災害派遣」、「海外派遣」といった平時の事態ですら不足している。


割と有名な話だが、東日本大震災ではおおすみ型輸送艦のうち2隻が修理中、1隻が海外派遣中で、即応できる輸送艦がいなかった。

そう、3隻あっても定期修理で抜けていることも多い。これは輸送艦に限った話ではないが。


いわゆる戦時である離島防衛、揚陸作戦では正直対応能力が、ごく限定的、ほぼ無い、としか言えないだろう。戦時ははるかに苛酷。

もっとも私自身は離島防衛での使用可能性が高いとはあまり思わないが。


私自身は離島防衛としての側面以上に大規模な災害などに備えて輸送・揚陸艦を増やすべきだと思う。


容易に想像できると思うが、大地震や大規模な水害で、大量の物資を運んで来たり、病院船機能、宿泊支援機能のすぐれた輸送艦は非常に役に立つ。

全く無駄にならない危機管理の投資だろう。


ついでに海外派遣にも役に立つし。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。